仙台牛のご案内

A5ランクの中でもさらに厳選した仙台牛

仙台牛は、仙台で育てられたから「仙台牛」と呼ばれるわけではありません。
宮城県で育てられた黒毛和牛のなかでも、厳しい条件をクリアした最高ランクのものだけが仙台牛と呼ばれます。
よく耳にする「A5ランク」のなかでもさらにランク付があり、からくわ精肉店では、
A5の中でも上位ランクのものを厳選して仕入れています。

仙台牛A5カルビ

仙台牛A5カルビはその柔らかさが特徴で、サシが入りやすく味は濃厚。赤身は焼くとしつこさもなく、サシの豊かな甘みを楽しむことができます。網焼きはもちろん、鉄板で焼いても美味しくお召し上がりいただけるので、家族みんなでの焼肉にぴったりです。塩やわさび醤油などで、肉そのものの風味をお楽しみください。

仙台牛A5ランクサーロインステーキ

そのなかでもサーロインは、柔らかさ、肉の風味ともに美味しさの条件が揃っている部位。柔らかくて甘みがあり、しつこさのない味で、ステーキで食べるのが最もおすすめです。網で焼いて食べると余分な脂が落ち美味しくいただけますが、フライパンで焼いてももちろん最高級の味わいが楽しめます。フライパンや鉄板で調理する際は、まずは鉄板をよく熱したあとに肉を焼き、少し斜めに傾けて焼くことで余分な脂を落とすことができ、美味しく食べられます。

仙台牛切り落としA5ランク

今回お届けするのは、仙台牛の肩肉部分の切り落としです。その大きさから使い勝手が良く、からくわ精肉店のお客さんは、炒め物やしぐれ煮などにして召し上がる方が多いのだそう。切り落としと言えども、仙台牛のA5ランクに変わりなし。その使いやすさとは裏腹に、圧倒的な肉の旨味を感じることができます。そのため切り落としを多く買い、すき焼きにして思う存分食べられる方もいらっしゃるんだそう。炒めて食べるもよし、サッと煮て高級牛丼にするもよし、すき焼きにして思う存分楽しむもよし。A5ランクの仙台牛切り落としだからこそできる、手軽で豪華なお肉料理をお楽しみください。